家庭教師の選び方

☆家庭教師の選び方

様々な家庭教師の形態

様々な家庭教師形態が存在します。こちらでは主な形態をご紹介してきます。

家庭教師の形態

こんなところと契約してはいけない!

「教材を買わせる」「電話勧誘する」「長期契約を結ばせる」「ローンを組ませる」 など条件を出してくる家庭教師派遣会社には、ちゃんとした所はほとんどないといっていいでしょう。また、ホームページなどを見て料金がはっきり示されていないとか、問い合わせてもあいまいな答えしか返ってこないところも避けたほうが良いでしょう。 大手だからといっても評判の悪い会社もあるので注意しましょう。

家庭教師派遣会社と個人契約

家庭教師派遣会社のメリットは
(1)情報の提供、進路・受験相談などサポートが得られる
(2)たくさんの家庭教師の中から選べる
ということだと思います。家庭教師は講師の当たりはずれが大きく、相性の良い先生にめぐり合うと成績が大きく伸びますが、相性の悪い先生やいい加減な先生では成績が伸び悩んでしまいます。良心的な家庭教師派遣会社であれば受験などの知識が豊富なプロ講師が多く在籍していたり、学生でも研修をしっかり行ってバイト感覚でなくプロ意識をもった講師を育成したりしています。また、講師が合わなかった場合など講師の交代なども無料で行ってくれるところもあります。

家庭教師派遣業者選びのポイント

●家庭教師の変更が自由
家庭教師派遣業者によっては家庭教師の登録数が少ない為に変更は受け付けないところもあります。そういった意味では、大手の方が登録数が多い為良いかもしれません。この「変更可能」の重要性は家庭教師では大切になってきます。契約の前に、変更が可能であることを、Webや資料で確認しましょう。子供と家庭教師との相性や適切な受験対策第一です。もし相性が合わないと判断した時は、速やかに変更を申し出ましょう。

●家庭教師の決定前に面接がある
実は意外に面接を行うところが少ないの現状です。家庭教師派遣業者は先に契約を済ませて、その後条件を決めて家庭教師を派遣します。できれば契約以前に業者に対して、家庭教師の面接をさせてもらえるように言ってみましょう。
面接ではまずその家庭教師の人となりや実績、個人として「どのような勉強法をしてきたか」などを聞き出してみましょう。そして最終的には子供自身が気に入るかどうかが大事です。

●教科毎に教師の変更が出来る
それほど重要なポイントではありませんが、もし塾ではなく家庭教師をメインにして子供に勉強をさせていくのであれば、一つのポイントとして考えると良いでしょう。もちろん家庭教師ごとに得意教科が違う為です。

●料金が明瞭で妥当である
インターネットで「家庭教師」というワードで検索をしてみてください。もの凄い数の家庭教師派遣業者が検索されると思います。そこで料金をWebサイトに色々と「成績があがる」「プロが多数在籍」「受験対策お任せ!!」と記載しているのですが、料金を記載している業者が意外に少ないことに気付きませんか?
なぜ料金が載せられないのか考えてみるといいでしょう。例としては、いろいろなオプション料金、入会時にも様々な理由を付けて料金を取る、高額な教材を押し売りするなんて事も考えられます。
手口としては料金を載せないことで、問い合わせを誘導し、問い合わせた家庭に営業を派遣させて言葉巧みに高額な教材を売りつける、というパターンが多いようです。
これらを回避するためには、まず資料請求をし、その資料に料金が明確に記載があるか確認をしましょう。もし記載が無ければ、電話で問い合わせて入会金や紹介料など、料金について事細かに聞くようにしましょう。出来れば後になって「話が違う」ということにならないよう、料金詳細に関する資料を貰いましょう。そして、資料請求後にしつこい勧誘電話がかかってくるかも必ず確認してください。なぜなら、しつこく電話がかけて営業してくる業者にまともな業者があるとは考えにくいですからね。
●教師のサポート体制がある
これは家庭教師派遣業者による、家庭教師へのサポートです。契約を取ったら後は家庭教師へすべてを任せるという業者が非常に多いのです。契約締結後は家庭へのケアもなければ家庭教師へのフォローやサポートも無い業者に当たってしまうと、家庭教師の質は期待できません。
少なくとも月次報告や授業開始、終了連絡などがある業者を選ぶようにしましょう。

●短期契約が出来る
これも良い業者を選ぶポイントになります。出来れば月毎の契約、長くても半年までと考えてください。その理由は、上記の家庭教師のサポートにもつながります。業者としては当然延長をしてもらいたいと考えますので、家庭教師の質を上げようと努力しますし、家庭に対してのフォローも重要視します。

個人契約とは

ご家庭と家庭教師の先生が派遣会社を通さずに、直接個人間で契約を結ぶことです。
知り合いや親戚の大学生に頼むなどはこれにあたります。今はインターネットで個人契約を仲介するサイトもみかけるようになりました。紹介料のみで契約できるところやすべて無料で行えるところもあります。当然家庭教師派遣会社を通すより料金はかなり安くなります。悪徳業者にだまされる心配も少なくなります。
その代わり保護者の方が
「面談していい先生を見分ける」、
「雇った家庭教師がだめだったときは解雇してまたほかの人を探す」
といったことを自分でしなければなりません。